sunマーケット

今年2022年最後の開催です。今年は4・5・6・9・10月と5回やりました。
暑い日も風の日も、外でやるのはなかなか大変ですね。とくに暑いのが苦手なので苦労しました。いやあ新津の夏は暑い!
いいこともありました!
毎月遊びに来てくれるお客さんがいまして、楽しみにしているので来年もぜひと声をかけてくれました。

そして新津の街なかでみんなが寄りやすい感じの「場所」探しがなかなか難しいと確信しました。
駐車場または交通の便、ほどよい広さ、施設のまたは店の近くで人の流れの途中にある、借りやすい、営利貸出料金がちょうどいい、とかで場所は決めるんです。
暑いから避難したいのだけど、暑さからも避難できるような適した場所が見当たらないのです。
場所の集客力が弱いと、広報に力を尽くさないといけません。イベント増えてダブルブッキングは当たり前になってきましたからね。

だいたい企画広報始めるには1ヶ月前では遅いんですよ。苦笑
皆さんの予定がすでに決まっていることがひとつの理由です。遅くても2ヶ月前には広報したい。
でもメディア媒体に載せるにはそれより前から動かないといけません。印刷前原稿締切がありますからね。

人を呼ぶにはもうひとつ、魅力的なコンテンツを集めることも必要になります。
今は定番になったキッチンカーや、有名店の出張参加をお願いに行ったり。でもそれこそ何ヶ月も前から動く必要があるかもしれません。企画して、約束取って説明に行って、承諾してもらって準備してアフターフォロー。

イベント企画っていろいろやればやるほど、手間が増えます。

そんな大きな企画、最近はやってないなあ。笑
(詳しくはこのあたりをどうぞ。ぱせりのイベント経歴)

自分で作った本を行商人のように定位置で売れたらそれでいい、ゆるいマーケットで、人が集まってきたらいいなと思っていたのですが、やはり売りたい欲はあるので、人が遊びに来てくれたらいいなと思ったり。
でもだからといって広報にものすごく時間をさけられるのかといえば、それは難しかったり。
定期的に開催するのは、月1回というスパンは短いです。私の今までのイベント企画は短くても3ヶ月ごとくらいだった気がするな。定期開催にするといいところもありますよね。まとめて宣伝できたりとか。

まあ、何かをする続けるってことはそれなりの力が必要ですね。
青空の下でできる好シーズンは終わってしまったので、来年に向けて充電します。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)