ヒメの手術決定

数年来の寒波は、毎回更新されているようで、何回か聞く寒波の最終日に、ヒメの受診につきあう。
朝が氷点下で凍ってしまった道を、だんなの運転でだんなの職場まで行くが、渋滞でだんな遅刻・・・。スマヌ。
その足でヒメを迎えに行き、そのまま病院へ。

ほんと、この病院は駐車場の便が悪くて、外来まで遠い駐車場から歩きながら、具合悪いとツライよなとか考える。
コロナ禍で院内通過ができないので、第5駐車場に停めちゃうと、外来エントランスまで遠い。
院内もエントランス階、1階、2階と迷路なんだわね。まあ諦めるしかないか。

患者のみなさまも来院が遅くなっているのか、予約時間も押し気味。
結果、主治医に手術をすすめられ、人工内耳の手術が決まりました。
本来なら4月以降らしいが、キャンセルが2つあって、早くにしてもらったので、受診後手術前検査巡業開始。
しかし入院前検査&説明の時間の長いこと!
私のバイトに間に合わず、診察券が行方不明とパニクるヒメを置いて、帰ってきました。

なんか帰宅後、靴からでてきたらしい・・・。

情報過多とか、ぷちパニックになると、直前の記憶まであやふやになるのは加齢のせいなのかしら。byヒメ70歳。

手術は耳鼻咽喉科、夏に突発性難聴になって聴力が著しく低下した(5%)左耳に、人工内耳(骨伝導の装置)を取り付けます。コロナ禍で手術付添も面会もなし。楽なものだわ。

問題があるとしたら、その後かしらねー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)