「箱岩」

リサ・ラーソン展覧会最終日、滑り込みで観に行った。観に行ってよかった。
気になった器は両口の10センチ位の高さのもの、花を生けたい。
しだいに器でないものに変化していく。陶器の表現としては思いつかなかった形、繊細な陶器人形という感じはなく、丸い玉ねぎ型のフォルムの人だったり、器のようで人形だったり、動物だったり。有名な茶色いシマシマの丸い猫も、シマシマ模様がステキで、表情といい、しっぽといい可愛らしかった!リサのセンスは好みだったな~。

この時期の美術館は、レオ・レオニとかピカソとか気になるもの満載すぎる。玉と鏡は見逃しちゃったし、本物を愛でる機会は、逃したらダメだね~。フェルメールも気になるけど上野だしなあ。日本では2会場の巡回だけど、好きな人はきっと観に行くんだろうな。

このあとは飲み会。転勤前に好評だった、もと肉屋の肉づくしメニューでの2回目。いまはお休みしているメニューらしいですが、茶色い料理食べてきましたよ。
鶏唐、ソーセージ、豚カツ、牛、カツ丼。みなさん目当てのベーコンがメニュー落ちしていたので追加注文して、わいわいと楽しい会でした。それにしても参加者が多彩。

また電車と着物と酒の会がやりたいね、と盛り上がっておりました。
きらきらうえつは定員数多くて人集め大変そうだし、越乃Shu*Kuraも定期運行があるから借りるの難しい(そこ?)団体で乗るしかないよね~。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする