狐の嫁入り屋敷へ

鬼滅の刃人気に乗って、狐の嫁入り屋敷の狐の面彩色体験が人気なんだとか、北方文化博物館の藤庭とお屋敷が人気なんだとか聞きましたが、だんなが彩色体験に連れてってくれました。
狐のお面はずーっと欲しかったのです。おそらくはディスコミュニケーションを読んだあたりから(1992年、古い!)でも民藝店にも売っていなくて、売っていても高くて!諦めていたやつ。

道中は雨だったのでイマイチでしたが、咲花あたりの紅葉が綺麗でしたよ。

やはり体験は子どもたちに人気で!昼間は満席だったとか。体験料は1600円、最低でも1時間はかかるので、時間ゆっくり見積るのがおすすめです。

私一人体験、全集中。だんな、写真をありがとう。

見本が好みじゃなかったので、画像検索して、紙に彩色下絵を描き、見ながら彩色したんだけど、真っ白の立体のお面に、左右バランス見ながら塗るのはむずかしい!

上出来!!!切れ目の美人な狐になりました。

あー楽しかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする