Akiha未来創生塾

まちづくり関係に参加の際には、戦闘服(着物)で参加です。着物の人として覚えてもらえます、が、着物着ていないと思い出してもらえないです・・・。
Akiha未来創生塾に参加して、北九州家守舎の遠矢弘毅氏の講演を聞いてきました。
話を聞きながら多々思う所あり。氏の言葉と、私の内なる声が混じってますがアウトプット。

「敷地に価値なし エリアに価値あり」
ということで、エリアリノベーションについての事例が次々と話されていきます。
コワーキングスペースとゲストハウスの流行は6~7年前です。
北九州とは違い、遊休不動産のオーナーが近くに住んでいない中で、人口環境が違うエリアで、全く同じエリアリノベーションはできないと思われます。
若いクリエーターを公募するには、自分からスカウトに行かなくてはなりません。
自分が動かせない人には、大学教授とか肩書ある名刺を持った方の協力が有力です。
まちづくりのノウハウを、そのまま大手に売る、商品にすることができます。
やる気がある人が会社を作り→メンバーが投資→足りないところは寄付
→信頼関係を築いて事業を存続する
利用団体は自立し、自走していきます。
みんなの想いをひとつにすべく、お掃除ワークショップは大事です。
まちが賑わえばいい、は、正論ではありません。
シェアハウスはコミュニティの醸成が難しいし、ゲストハウスは民泊法が左右する。
補助金をより知り、よりよく利用すること。
インバウンドに頼ると、世界情勢に左右されやすいです。
ハードの形成、場の提供だけでなく、生産物を提供して売上を伸ばします。
新しい産業(ツーリズム)への挑戦!まちで出会った人と日常を共有する、まちを楽しんでもらうソフトを充実させること。
弱いつながりをどんどんたどっていく、というやり方は私も一緒。
宿泊施設がないことが問題なのではない。人が魅力を感じるものを、体験型を続けていく。
コミュニティ形成と意思疎通は、いつだって難しい。
仲間づくり、キーパーソン探しは、いつからだってできる。
関係性を深めるには、何回も怒られ、修正していくところから。
潜在的な女性の力を活かすこと。
シニアコミュニティの場に顔を出し、覚えてもらうこと。印象づけること。

などなど。

私のアウトプットが、どれだけの人に伝わるかは、私には分からないけど、私は伝え続けること。私は経営者でもないただの専業主婦だけど、ヨソモノとしての目と、いままでのコミュニティはチカラにできる。なにか始める、やり続ける人がいないんだよ!と聞くけど、それ私やりますよ。やれますよ。どう始めるか、だな。

まちづくりに興味を持ち始めて、ぱせりに影響した方々。
東日本大震災の支援ボランティアの方々
コミュニティデザイナー山崎亮氏
つばめ若者大会議
小規模多機能自治の川北秀人氏
前武雄市長 
樋渡啓祐氏
ナンパ師な塩尻市役所職員 
山田崇氏
コミュニティヘルスデザイン 関原宏昭氏
地域包括ケアシステムの研究者 信州大学経済学部 井上教授
地域リノベーションの研究者 信州大学経法学部 武者教授
演劇ワークショップ講師 特定非営利法人PAVLIC わたなべなおこ氏
「老いと演劇」OiBokkeShi主宰 菅原直樹氏
長野もんぜんエリアリノベーションのキーパーソン達
ソトコト編集長 
指出一正氏
1階づくりはまちづくり 田中元子氏
エリアリノベーション家守舎 遠矢弘毅氏

ぱせりの思考は彼らの言葉でできている。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)