ゲゲゲの人生展

見逃したくなかったので、早々とでかけました、追悼水木しげるゲゲゲの人生展です。地元の新津美術館はサブカルチャーに強いのでヲタクぱせりは嬉しい!
まずは入り口までの階段で撮影を楽しみます。

 

「特別な誰かと比べることはない
自身が唯一の特別な存在だから
誰かと比べることはない
私は私しかいないのだから」
SNSでつぶやいた言葉、初めて選挙の個人演説を聞いて感じたことです。みんながみんな役割があるし、同じことができなくたっていい。自分が楽しいことをすればいいと、常々言っているのが画面に現れました。笑

しかし水木先生の絵は細密!特に建物とか植物とかがすごいの。海面とかもすごいの。スクリーントーンなんてない時代から点描とカケアミがすごいの!!情報量がいっぱいの絵なので、額の前に張りつき・・・。油絵もあったけど、ガラス越しでなく直に感じたかったな。あとは自作の絵本の画風の多彩さがすごいし、一番良かったのは闇市の絵。闇市の人間一人一人がきちんと生きてる。なんというか丁寧だから生活感が伝わるというか、私はダメだわ大雑把でこんな絵描けない。第1会場、第2会場と時間たっぷりめに見たので大満足でした。
子供もたくさん来ていたから、もう少し低めの展示でもよかった気がする。あとは、展示物の説明が簡素だったので、手紙の解読が時間かかりました。けっこうクセ字で。汗
時間がたっぷりあるときに、観に行ってください。

最後に、かまわぬ製の手ぬぐい祭りにはまっちゃったぱせりは、猫娘買ってきました。
あれ、この間、県立植物園で一反もめんの手ぬぐい買ってたのに・・・。黒と黄色のしましま手ぬぐいも良かったけどキャラコラボ手ぬぐいって単価高いのよね。1枚が限界です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)