「ウチノ食堂」

銀行の通帳は休眠しているとお金取られてしまうんだっけ?
と言う疑問があって、放っておいた親父の通帳を解約することにした。
しかし本人は右半身麻痺で車椅子で連れて歩くのは面倒なので、とりあえず作った委任状にサインしてもらって、それを銀行窓口に持っていって相談することにする。
もし、書かなければいけない書類があったら、委任状を見せて「本人はできないので、これで娘ができませんかね?」とかね。

1件目農協。先日合併したので支店が違っても処理ができました。委任状はゴリ推した感じ、上と相談してOK取ったみたい。
2件目。信組。窓口対応は新人だったけど、引き落とし時の親父の書類の控えで、印鑑照合。そんなのが残っているとはすごいな、5年以上経ってるのに。こちらも処理ができました。

3件目と4件目。やたら時間かかるなと思ったら、通帳がすでに解約されていると判明。どうやら債務処理のときに関係していた銀行だな。まあ分かっただけよし。

5件目。
「当店は委任状という形を取っていません」「これは親子関係を正式に証明する書類ではないですよね」「通帳記載の支店で相談してください」と言われて、一番解約したかった銀行がダメでした。

本人が死んだあとも銀行解約って手続きがめんどくさかったと思うんだけど、商売していたり、あと昔は何通も通帳作れたので手元に通帳数が多いと、今後いろんな人が苦労するんだろうなと思っている。記載支店でしか解約できないとか、県外在住の子どもしかいなかったら手続き面倒なんだろうなあ。みんな書士さんとかに頼むのかなあ。

少子高齢化って、差し迫っている問題解決しないと、ホント大変なんだけどね。
漠然と見すぎていて、現場がないがしろになっている気がする。
働かないと生活できない、でも働けない、そんな余裕のない底辺が多いことを政をする人たちは知ってほしい。

親父仕事のあとは地元でランチ。
「ウチノ食堂」で盛々の冷や汁が美味しい!ちょっと疲れたので甘いものも頼もうかと思ったら、席が混んできたので一回ツバキ舎におでかけ。インク沼談義をして、1つ手に入れて、食堂再来店。
おやつの時間に、日本茶と緑茶のチーズケーキを注文する。緑茶は三煎ともまったく違う味わいでおもしろかったです。どれも好きだったので、もう一度行きたいな。

長野のZINEを取り寄せたり、住んでる地域のZINE手に入れたりして、自主制作も熱い!
わ~まちめぐりの新刊の編集も進めないとだわ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)