濃厚な記録2

2日目。

さて昨日陽性診断された本人への保健所からの連絡は、混んでいるのか待てども待てども来ず。
勝手に、濃厚な対応をしたことのある知人や、かかりつけ医や、保健所に電話したり、ネットで調べたりしていくうちに、言い分がみんな違うことに気づいてしまいました。あるある。

昼過ぎの本人への電話によると、
本人は自宅療養4/1まで。(発症日0日→10日間)
濃厚な接触者については、7日間の自宅待機。検査の必要はなし。

発熱はないけど、ちょっとした気になった症状があり、かかりつけ医へ電話。
「新潟コロナ受診・相談センターで相談してください」

センターへ電話。
「濃厚な接触者の旨を伝えてかかりつけ医へ受診してください」

と、たらい回し。苦笑。

結局近隣の、濃厚な接触者対応可の医者を教えてもらう。

診察の基準は本人の判断で、検査の基準は医師の判断で、発熱があれば受診おすすめ。らしい。

ちなみに薬局などのPCR検査所では、濃厚な接触者は検査できない。受診が必要。

私はほとんど症状ない?し無職で休んでいられるからいい。
これ、たとえば陽性診断が必要なとき、濃厚な接触者で軽症な人って検査してもらうのが難しいのかな?
生命保険でもコロナ対応していて、陽性で自宅療養者は給付がある会社もあるんだけどな。
検査自腹?接触者の接触者なら、薬局利用できて無料なのに?

なんかしっくりこない。

濃厚な接触者が陽性になったら、接触者の接触者が濃厚な接触者へ格上げ。
そうなったら療養日数の数え方とか、検査の件とかどうなるんだろうなあ。謎。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)