米騒動

親父から電話が来る。
電話取れなくて、折り返したけど出ず。
しばらく待つことにした。

親父から「米がない」と電話が来る。
電話繋がらないとも言われたが、それはこちらのセリフ。
今日はヘルパーの買い物日で、なんでヘルパーに頼まないのかと思う。
「スーパーの米はまずいから、弥彦に買いに行ってこい(弥彦の米好き)」
との指令を却下し、友人の米屋に配達を頼むことにした。
なぜか産地を覚えていて、産地指定注文である。
まあ、親父財布から買うから、高くてもいいか。

ケアマネージャーから月一回の定期連絡が来る。
「米がない。娘と繋がらないと電話きてましたけど
って、ケアマネに電話したんかい!
あ、大丈夫です。配達注文しましたので大丈夫です。

また親父から電話が来る。
米屋辞めたって言うから、どうするか?どこ頼んだか?と言う内容だが、
えっと、友人の米屋に注文するって言ったよね?産地まで指定したよね?
それを忘れてるか。

別件でヘルパーさんに電話する。
「お父さんから電話来て、米がないって言われたんだけど」
は!ヘルパーさんにも電話してるのか!
「お米は娘が買ってくるからって、買い物頼まなかったようですよ」
って、なんか私が買うことになってる
ちょっと話がかみ合わなかったが、なんとかヘルパーとの電話終了。

うーん、どこのおじいちゃんもおばあちゃんも歳とるとツライな。

「もしもし米、届いた?」
と親父に電話したら、ちょうど配達に来ていて、米屋さんと変わってもらって話をする。
ありがとうございました。

しばらくして、親父から電話が来る。
「米届いたわ」

いや、届いたときに電話してるでしょう!私と!!

これは、やばい現象かな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)