秋葉区一箱古本市12月

11月末、英進堂こんやのほんやで寄り合いがあったばかりでしたが、すぐにみんなに再会した秋葉区一箱古本市は、なんと現在の英進堂書店前で開催でした。

前回の古本市で、商店街の店舗ではなく、現在の店舗前でできないか相談したところ、開催可能となりまして、こんな感じでした。

まあ、スーパーのじゃんけん大会の行列とか、出店体型が営業に影響するとかありまして、まぼろしの1回開催になりそうです。涙

これから新しい開催地を探すべく!秋葉区一箱古本市は1月2月お休みとなりました!ご注意ください。

それにしても、儲けているわけではないのに金銭の授受が発生すると「営利」と分類され、会場費が高くなる現状の中で、こういったフリーマーケット形式のイベントの会場探しをするのが難しいです。特に秋葉区、人の流れ、駐車場、寄りやすい施設を考えても、ちょうどいい会場が見当たりません。候補で新津駅前の交流センターですか。1階ロビーが会場費高いと聞いていましたが、それほどでもありませんでした。午前午後で3000円x1.5(営利使用)。
あとは広報が課題です。
いまは主導権があやふやで宙に浮いている感じの秋葉区一箱古本市ですが、これを私が主催者を名乗ってまで運営するのかまだ決まってません。企画運営のノウハウはあるけど、私がすると参加費徴収になってしまうし、そこまでして出店メンバーが開催したいのかも聞いていないし、むしろ新潟市内で開催の古本市に便乗しつつ、隔月開催にして、主催を減らすか・・・。
意外と新潟市開催の古本市はありまして、2月8月のアカミチフルホンイチ、ニイガタブックライト主催は6月かな?ここに5月6月植物園まつり参加すれば・・・けっこう充実?

開催形態が変わると、作っている本「まちめぐり」も、どうやって販売していくかが課題です。毎月開催の古本市にあわせて、毎月発行発売だったからな。どうするかなあ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)