鬼火から「雷神」

新潟市マンガの家で「鬼火」展を観てきました。
英進堂さんから、新潟が出ているよって教えてもらって、でも原書はフランス語で日本語版が在庫切れ。英語版見せてもらって、展覧会に行きました。
私は内野の端っこで育ち、ばあちゃんちが弥彦なので、なにやら縁を感じてレッツゴー。今日までの展覧会と思ったら違うでヤンスー。

来年1/15まででした。まだまだじゃん!

水彩塗りのカラー原稿、ネームは細密、その下に日本語版があります。展示が見にくいのはスペースないからしかたないのかなあ。上下横移動で足が疲れます。万代の新潟市マンガ・アニメ情報館の方が広いから、そっちでやったらよかったのでは?なんて。
それにしても水彩マンガはステキでした。内野弥彦まち歩き好きな方にオススメします。

私は小さいときからマンガが好きで、ある程度独学で描けたので、美術選択しないで、次に好きな音楽を選びました。今になって、なにかきちんと絵画関係を習いたかったなと思ってます。これからでも間に合うんでしょうけどね。習ったといえば、生け花草月師範持ってますが、これ、どうにか生かせないんでしょうかね。
でも、なにごとも続けていないと腕は落ちます。マンガもだよ~。

マンガの家を出たら、ちょうどお昼時だったので定食屋探し。最近和定食を好みますが、3年ぶりの新潟外食事情が分からず、好んで行っていた「雷神」へ。平日ランチはお得なんですけども、日曜日のランチあるかなあ?とメニューを見たら、ランチはあれどお高かった!1000~1800円くらいです。平日ランチはもうちょっと安い価格帯だった気がしますが、今は変わったかな?平日も来てみるかな。←おい。

1132円の刺身定食を選んだら、6種舟盛りでびっくりでした。蟹もありました!あいかわらず海鮮美味しいです。サラダと卵豆腐、漬物、ごはんとガラ汁、食後のフリードリンクつきです。この値段でこの内容ならちょっと高くても満足満足。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)