ハッピーラッキーみんなに届け!

ハッピーラッキーみんなに届け!

年末に放送された「おジャ魔女どれみ」の新作、劇場版「魔女見習いをさがして」を観ました。
この絵柄好きだなあ。ハートキャッチプリキュアも好きでした。おジャ魔女初回が1999年だったらしいですが、ということは、ぱせり夫婦歴と一緒!当時のおジャ魔女も・・・いくつでしょうか。小説版で16歳から数年物語があったけど、読んでないな。

もし魔法が使えたらなにを願う? 大人になったらなにになりたい?

幼い頃のアニメ・マンガは思い出深いものもあって、寅年の今年「うる星やつら」が帰ってくるのがホント楽しみです。新潟出身漫画家・高橋留美子氏のデビュー作、キティフイルムのファンクラブも入っていたっけ。中学生のとき友人たちとリメンバー・マイ・ラブ観に行った!同時上映が幻夢戦記レダでした。

アニメ・マンガ好きは今も変わらず、だから同人誌作ったり、コミックマーケットに参加したり、コミックマーケットを主催したり、いまの活動(企画運営)に通じているんだと思う。

コロナ禍で身動きが取れなくなってしまっているけども、やっぱり楽しいことを企画するのは大好き。
そんな事するより仕事探し。親の用事を抱える身としてはフル勤務は無理だし、自分も体力なしだし、なかなか難しい。でもとりあえず、食べて眠れているんだからいいとするか。

久しぶりに行ったミスドで、懐かしいカップに出会った。あれ?ずっとコレだった??

ヒメの大学診察日、マッピング(音入れ)3回目。
退院時1回目は、まったくもって確認できず、2回目にしてようやく音入れ。
3回目にはちょっと磁石も反応するようになってきたけれど、やはり一人で場所を探すのは至難の業らしい。
外部装置(マイク)で体内インプラント探ってもほんのりしか引き合わない。でも引き合えば電源がオンになるので、音が入ってくるはずで、そこで判断するしかないかな。聴こえるのは本人のみなので、なんともはや第三者がどうすることもできない。

全く無音だったところに音は入ってくるけれど、音は鮮明ではないし、他の音域も多数入ってくるし、機械音のほうが目立つらしいぞ。それでも入ってるだけよしとするのか。

ちなみに外部装置はマイク一体型(左写真)、一体なだけに重さがある。マイクと送信コイルがつながっているもの(右写真)は、耳掛けと分かれているので重さも軽減。こちらのほうが軽い分磁石のつきがいい。
マイク一体型が安定してつくようになるのに半年かかった人もいるとかで、装置を交換できるか相談中。

マスクとかメガネとかあると、一体型のほうが便利そうなのだけど、安定に半年かかるとなるとなあ。
ヒメはどちらを選ぶかな。

帰りに甘太郎たい焼きを買って買い食い。
来週はヒメの3回目ワクチン接種のため弥彦へ。身体障害者手帳もできているらしいので取りに行く。
毎週、親の用事が入ってくる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)